照らされた光を信じて

グリーンITから生まれてくる製品によって、テレビ会議による出張の回数が減ったり文書管理システムの活用で用紙使用や輸送が削減されたりといった仕事や地球環境に大きな効果を与えています。

将来的にはグリーンITが義務化されることになって、二酸化炭素の削減へと目標を掲げたりするといった環境負荷の低減に繋がるように努力されています。大企業の存在は、今までの経済効果によって増やしてきた資産をここぞとばかりに私達の生活に結びつく領域へと還元していくべきなのでしょう。グリーンITの科学技術の発展による普及によって、環境に対して従来においての悪影響から一転してプラスに働くようになったのです。地球の明るい未来の存続のために、グリーンITが人類の地球を守るという大義名分をもって更なる進化系を果たすことを切に願います。大企業だけでなく、中小企業や個人企業も同じくグリーンITを推進していただきたいと思います。

環境のために想う心がグリーンITの環境保全によって起こる働きかけによって、環境の改善が夢だとされてきたものが希望として身を結んで快方へと向かっていくことになったのです。そして、前進して得た希望の光を絶やすことがないように、現状に甘んじることなく環境の問題解決に立ち止まることがあっても振り返らずに今までの実感してきた成功を信じて羽ばたいてもらいたいと思っています。そのためにも、一人ひとりが同じ意識をもって環境保全に取り組む姿勢が大切なのだと痛感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です